メイン | ETCって? »

ETCカードとは

ETCを設置して使うためには、ETCカードを車載器に挿入する必要があります。

ETCカードと車載器がセットになって、はじめてETCを利用して料金所をスムーズに通過することはできるようになります。

ここでは、そのETCカードについて説明します。ETCのシステムは、クレジット会社の機能を利用して、有料道路の通行料金を後払いで精算することになります。そのため、ETCカードの発行手続きはクレジットカード会社が行うことになります。

尚、通行料金の精算は、車載器の名義人ではなくETCカードの所有者が行うことになるので注意視してください。ETCカードを発行しているクレジットカード会社には、株式会社ジェーシービー・三井住友カード株式会社・三菱UFJニコス…などがあります。上記の会社のように直接有料道路事業者と契約を結んでいる発行会社が発行する場合と各種の提携カードでETCカードが発行される場合とがあります。

ETCカードには、ETC専用カードと一体型ETCカードがあります。ETC専用カードは、文字通りETCシステムの利用に特化したカードです。ETCによる通行料金の精算以外の機能のないカードです。また、一体型ETCカードは、一般のクレジットカード機能がセットになったカードで、ショッピングなどでも使うことができます。

About

2009年06月17日 17:01に投稿されたエントリーのページです。

次の投稿は「ETCって?」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.37