« ETCの利用法 | メイン | ETC設置の効果 »

ETC車載器

ETCを設置して利用するためには、ETCカードを車載器に挿入する必要があります。

ETCカードと車載器がセットになって、ETCを利用して料金所をスムーズに通過することができるようになります。ここでは、そのETC車載器について説明します。

ETC車載器は、車両情報を料金所のアンテナと無線通信する機能を受け持ち、適正な通行料金を支払うことができるようにしています。支払い(精算)機能は備えていません。必ずETCカードの挿入をしてください。

ETC車載器はどこで購入することができるのでしょうか。自動車メーカー各社のほか、自動車部品メーカーやカー用品メーカーや家電メーカー各社などで買うことができます。ETC車載器には、2ピースタイプ・3ピースタイプ・ビルトインタイプの3つのタイプがあります。

2ピースタイプは、ETC情報の処理機能部およびETCカード挿入部などの本体とアンテナを1筐体のなかに収めたタイプです。ダッシュボード上の無線通信の支障とならない場所に取り付けることになります。3ピースタイプは、本体からアンテナを分離したタイプです。

ダッシュボード上には小型のアンテナだけを取り付け、本体は車内のどこへでも自由に設置することが可能です。ビルトインタイプは、クルマのインテリアとデザインを一体化したタイプです。アンテナがルームミラーに組み込まれているものや、本体をセンターパネルに設置するものなどのタイプがあり、ビルトインタイプにも2ピースタイプと3ピースタイプがあります。

About

2009年06月17日 17:02に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「ETCの利用法」です。

次の投稿は「ETC設置の効果」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.37