« 2011年09月 | メイン

2015年05月 アーカイブ

2015年05月18日

借り入れ カードローン審査比較の達人

借り入れをするといえばどこで借入をしますか?カードローン審査比較の達人というサイトがありますので、こちらを参考にして、カードローンで借り入れをしてみるのもいいでしょう。それぞれのカードローン会社によって特徴が違います。金利も違いますし、どれくらいのスピードで審査結果を出してくれて、どのくらいの時間で融資を完結してくれるのか、それも違ってますので、1つのカードローン会社に最初から絞るのではなくて、いくつか比較した上で選ぶことをおすすめします。いくつか比較した上で選ぶ際に、自分で1つ1つ情報収集をするのは大変なことです。そこでおすすめなのがカードローン審査比較の達人などインターネットのサイトです。

インターネットは情報収集をするにはとてもぴったりです。わからないことがあったり、なにか比較したいことがある人はぜひこちらを使って参考にしてみましょう。自分で比較をしなくてもあらかじめ様々な視点から比較をしてくれているのでとても参考になるのです。自分では比較するのに時間がかかったり手間が掛かったりしますが、それをすべてやってくれていますので、後は見て決定するだけで済むのでとても手軽です。必ず比較をした上で選びましょう。

総量規制カードローン審査難易度把握ラボ


総量規制カードローン審査難易度把握ラボ、こちらのサイトはこれからお金を借りようと思っている人にとってはとても参考になるサイトです。なぜなら、総量規制カードローンの審査というのはかなり厳しく、厳しいところになると、審査に通らない可能性もあります。何もこれまでに借り入れをしてこなかった人、金融トラブルを起こしていない人で、安定した収入がある人なら問題なく、このようなサイトを利用しなくても審査に通るかも知れないのですが、そうではない人も多いでしょう。これまでに借り入れをしてきて一度返済が遅れてしまったとか、自己破産しているとか、金融トラブルを色々と抱えている人もいます。

こういった人は信用情報を問い合わせされる機関に記録として残されていることが大半ですので、審査の際に金融機関がこちらに問合せをして過去のデータを見るのです。それによって審査に通らないこともあります。この審査の厳しさはそれぞれの金融機関ごとに違いがありますので、総量規制カードローンで審査が厳しいところはどこなのか、逆に甘いところはどこなのか、調べてみたいという人は、こういったサイトで情報収集をしておくといいかもしれません。前もってチェックするだけでも審査に強くなります。

2015年05月25日

総量規制が気になる人に対象外カードローンdx

みずほ銀行カードローンモビットの2社は記載してある銀行に口座を持っていれば、電話連絡・在籍確認なしweb完結で利用することができますので、「みずほ銀行・三井住友銀行・三菱東京UFJ銀行」のどこかの口座を持っていれば、在籍確認なしのweb完結で利用できます。

プロミスアイフルの2社は、原則、在籍確認を行っていますが、申し込み時に「会社への電話連絡を止めて欲しい」旨を伝えれば、関連書類の提出で在籍確認を避けることが可能となっています。

【無利息期間を利用したい】
初めての方は最大30日間無利息サービスを行っているアコム

【とにかく下限金利が低いところで】
下限金利1.99%住信SBIネット銀行

【ブランド力もあり安心の銀行カードローン】
金利年4.0%から14.0%みずほ銀行カードローン

【ローンののりかえ、借り換えなら上限金利が低いローンで】
年率7.8%から9.8%(保証料年率1.2%相当を含む)東京スター銀行 のりかえローン

【消費者金融を金利で比較】
プロミス...6.3%から17.8%(※即日融資対応)(※30日間無利息キャンペーン中)
アコム・・・年利4.7から18.0%
モビット・・・年利4.8%から18.0%
アイフル・・・4.5%~18.0%
ノーローン・・・年利9.5%から18.0

【銀行系カードローンを融資利率で比較】
東京スター銀行「おまとめローン」・・・実質金利 年率1.2%から14.8%(保証料年1.2%相当を含む)  約定金利 年率4.6%から13.6%(別途保証料年1.2%相当が必要) (※借り換え専用)
東京スター銀行 のりかえローン・・・・金利 年率7.8%?9.8%(保証料年率1.2%相当を含む)
オリックス銀行カードローン・・・金利3.0%から17.8%
三井住友銀行カードローン・・・借入利率年4.0%から14.5%、契約極度額800万円。最短30分審査
三菱東京UFJ銀行カードローン・・・4.6%から14.6%(※即日融資対応)
イオン銀行ネットフリーローン・・・4.8%から13.5%
りそなプレミアムローン・・・・年3.5%~12.475%
楽天銀行スーパーローン・・・4.9%から14.5%
新生銀行カードローン レイク・・・年利9.0%から18.0%
みずほ銀行カードローン・・・金利年4.0%から14.0%
住信SBIネット銀行・・・・年利1.99%~7.99%(2014年9月1日現在の適用金利)、ご利用契約枠は最大1000万円。スタンダードコースは金利年14.3%・14.8%、限度額最大100万円

【信販系フリーローン】
三井住友カードゴールドローン・・・年利4.5%から9.8%
セゾンファンデックス VIPローン・・・借入限度額:1万円から500万円 実質年率:6.5%から17.8%

総量規制が気になる人が増えてきました。自分の年収の3分の1以上は借り入れることができなくなるという規制です。これが出来たそもそもの理由は、エンドレスに限度額を考えずに借りる人がいて、年収を余裕で超えてしまっている人が続出し、その結果自己破産に陥るケースが増えたために考えられるようになりました。これは債権者、債務者どちらにとってもメリットがある規制なのです。借り入れをするが分からしたら借りすぎて自己破産に成ることを予防していますし、貸す側からしたら自己破産されてしまうのを防ぐことにもつながるので、双方にメリットがあるのです。

しかしお金は必要になることももちろんありますよね。そんなお金が必要な人が総量規制を気にしなくてもいいようにするためにはどうすればいいでしょうか。総量規制が気になる人に対象外カードローンdxがありますので、こちらを参考にしてみてはいかがでしょうか。対象外になるカードローンは存在しています。主に銀行系などがそれにあたります。消費者金融や信販会社のカードローンではなくて、銀行系は主に対象外で年収の3分の1以上でも借り入れ可能なところが増えているのでチェックしておくと、便利に使えていいでしょう。

About 2015年05月

2015年05月にブログ「借り入れ カードローン審査比較の達人」に投稿されたすべてのエントリーです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

前のアーカイブは2011年09月です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.37