2015年05月25日

総量規制が気になる人に対象外カードローンdx

みずほ銀行カードローンモビットの2社は記載してある銀行に口座を持っていれば、電話連絡・在籍確認なしweb完結で利用することができますので、「みずほ銀行・三井住友銀行・三菱東京UFJ銀行」のどこかの口座を持っていれば、在籍確認なしのweb完結で利用できます。

プロミスアイフルの2社は、原則、在籍確認を行っていますが、申し込み時に「会社への電話連絡を止めて欲しい」旨を伝えれば、関連書類の提出で在籍確認を避けることが可能となっています。

【無利息期間を利用したい】
初めての方は最大30日間無利息サービスを行っているアコム

【とにかく下限金利が低いところで】
下限金利1.99%住信SBIネット銀行

【ブランド力もあり安心の銀行カードローン】
金利年4.0%から14.0%みずほ銀行カードローン

【ローンののりかえ、借り換えなら上限金利が低いローンで】
年率7.8%から9.8%(保証料年率1.2%相当を含む)東京スター銀行 のりかえローン

【消費者金融を金利で比較】
プロミス...6.3%から17.8%(※即日融資対応)(※30日間無利息キャンペーン中)
アコム・・・年利4.7から18.0%
モビット・・・年利4.8%から18.0%
アイフル・・・4.5%~18.0%
ノーローン・・・年利9.5%から18.0

【銀行系カードローンを融資利率で比較】
東京スター銀行「おまとめローン」・・・実質金利 年率1.2%から14.8%(保証料年1.2%相当を含む)  約定金利 年率4.6%から13.6%(別途保証料年1.2%相当が必要) (※借り換え専用)
東京スター銀行 のりかえローン・・・・金利 年率7.8%?9.8%(保証料年率1.2%相当を含む)
オリックス銀行カードローン・・・金利3.0%から17.8%
三井住友銀行カードローン・・・借入利率年4.0%から14.5%、契約極度額800万円。最短30分審査
三菱東京UFJ銀行カードローン・・・4.6%から14.6%(※即日融資対応)
イオン銀行ネットフリーローン・・・4.8%から13.5%
りそなプレミアムローン・・・・年3.5%~12.475%
楽天銀行スーパーローン・・・4.9%から14.5%
新生銀行カードローン レイク・・・年利9.0%から18.0%
みずほ銀行カードローン・・・金利年4.0%から14.0%
住信SBIネット銀行・・・・年利1.99%~7.99%(2014年9月1日現在の適用金利)、ご利用契約枠は最大1000万円。スタンダードコースは金利年14.3%・14.8%、限度額最大100万円

【信販系フリーローン】
三井住友カードゴールドローン・・・年利4.5%から9.8%
セゾンファンデックス VIPローン・・・借入限度額:1万円から500万円 実質年率:6.5%から17.8%

総量規制が気になる人が増えてきました。自分の年収の3分の1以上は借り入れることができなくなるという規制です。これが出来たそもそもの理由は、エンドレスに限度額を考えずに借りる人がいて、年収を余裕で超えてしまっている人が続出し、その結果自己破産に陥るケースが増えたために考えられるようになりました。これは債権者、債務者どちらにとってもメリットがある規制なのです。借り入れをするが分からしたら借りすぎて自己破産に成ることを予防していますし、貸す側からしたら自己破産されてしまうのを防ぐことにもつながるので、双方にメリットがあるのです。

しかしお金は必要になることももちろんありますよね。そんなお金が必要な人が総量規制を気にしなくてもいいようにするためにはどうすればいいでしょうか。総量規制が気になる人に対象外カードローンdxがありますので、こちらを参考にしてみてはいかがでしょうか。対象外になるカードローンは存在しています。主に銀行系などがそれにあたります。消費者金融や信販会社のカードローンではなくて、銀行系は主に対象外で年収の3分の1以上でも借り入れ可能なところが増えているのでチェックしておくと、便利に使えていいでしょう。

2015年05月18日

総量規制カードローン審査難易度把握ラボ


総量規制カードローン審査難易度把握ラボ、こちらのサイトはこれからお金を借りようと思っている人にとってはとても参考になるサイトです。なぜなら、総量規制カードローンの審査というのはかなり厳しく、厳しいところになると、審査に通らない可能性もあります。何もこれまでに借り入れをしてこなかった人、金融トラブルを起こしていない人で、安定した収入がある人なら問題なく、このようなサイトを利用しなくても審査に通るかも知れないのですが、そうではない人も多いでしょう。これまでに借り入れをしてきて一度返済が遅れてしまったとか、自己破産しているとか、金融トラブルを色々と抱えている人もいます。

こういった人は信用情報を問い合わせされる機関に記録として残されていることが大半ですので、審査の際に金融機関がこちらに問合せをして過去のデータを見るのです。それによって審査に通らないこともあります。この審査の厳しさはそれぞれの金融機関ごとに違いがありますので、総量規制カードローンで審査が厳しいところはどこなのか、逆に甘いところはどこなのか、調べてみたいという人は、こういったサイトで情報収集をしておくといいかもしれません。前もってチェックするだけでも審査に強くなります。

借り入れ カードローン審査比較の達人

借り入れをするといえばどこで借入をしますか?カードローン審査比較の達人というサイトがありますので、こちらを参考にして、カードローンで借り入れをしてみるのもいいでしょう。それぞれのカードローン会社によって特徴が違います。金利も違いますし、どれくらいのスピードで審査結果を出してくれて、どのくらいの時間で融資を完結してくれるのか、それも違ってますので、1つのカードローン会社に最初から絞るのではなくて、いくつか比較した上で選ぶことをおすすめします。いくつか比較した上で選ぶ際に、自分で1つ1つ情報収集をするのは大変なことです。そこでおすすめなのがカードローン審査比較の達人などインターネットのサイトです。

インターネットは情報収集をするにはとてもぴったりです。わからないことがあったり、なにか比較したいことがある人はぜひこちらを使って参考にしてみましょう。自分で比較をしなくてもあらかじめ様々な視点から比較をしてくれているのでとても参考になるのです。自分では比較するのに時間がかかったり手間が掛かったりしますが、それをすべてやってくれていますので、後は見て決定するだけで済むのでとても手軽です。必ず比較をした上で選びましょう。

2011年09月13日

ETCの割引サービス

ETCの割引サービスですが、政権交代などもあり一時的に中断されています。

ただ、今後も再開することもあるかと思いますのでETCは導入しておいた方がいいでしょう。

ETC割引サービスを利用するには当然ですが、ETC車載器とETCカード等が必要ですし、セットアップや設置なども必要です。

やることは意外と多いので、ある程度余裕を持って行うといいでしょう。

割引サービスをふんだんに利用すれば、かなり安い料金で旅行をしたりすることも出来ると思います。

2011年07月25日

ETCマイレージサービス


ETCマイレージサービスとは、ETCを使って通行料金を支払った場合に、その額によってポイントがたまるという仕組みです。

そしてたまったポイントは還元額を無料通行分と交換してもらうことができます。このサービスを利用するに当たっての登録は無料で年会費なども一切かかりませんからかなりお得です。例えば、1回の利用50円につき1ポイントポイントが加算されます。

ポイントは100ポイントたまれば200円の無料通行分、200ポイントで500円分、600ポイントで

2500円分、1000ポイントで8000円分の無料通行分と交換となっています。時間帯割引などを受けた場合には、支払った額に応じてポイントがつく仕組みです。たまったポイントを自動で還元して無料通行分に交換するサービスもあるのでとても便利です。

ETCカードによってはクレジットカード会社のポイントがたまると思いますが、それとは別に、ETCマ

イレージサービスのポイントがたまることになります。

頻繁にETCを利用している人はぜひマイレージサービスに申し込むことをオススメします。申込みはインターネットと郵送で申し込むことが出来ますが、ネットなら申し込んだその日に利用した分からポイントがたまるのでお得です。

申込みに必要なものはETCカード、車載器管理番号、車体番号が必要です。

るのが特徴ですからとても便利です。操作方法も普通の銀行ATMなどと同じなのでそれほど難しいということはないでしょう。

2011年02月17日

ETCを無料で入手

ETCを無料で入手するためのキャンペーン情報です。

楽天カードのキャンペーン利用をします。

現在楽天カードは期間限定で楽天ポイントを最大5000ポイント以上もらえるキャンペーンを行っています。

楽天ポイントはそのまま楽天市場での購入に使えます。

楽天市場のETC車載器は5000~6000円ほどですので、楽天カードのキャンペーンを活用すれば実質無料でETC車載器を手に入れられます。

期間限定のこのキャンペーンチャンスをお見逃しなく!

2009年06月17日

ETC設置の効果


ETCを設置すると、どのようないいことがあるのでしょうか。ETC設置の最大の効果は、有料道路の料金所をスムーズに通過することができることでしょう。

渋滞を回避できることができ、支払いのためのタイムロスがなくなります。料金所でのキャッシュが必要なくなるので、煩わしさからも解放されます。スーッと料金所を通過することができ、運転に集中できます。料金を支払うために料金所に滞っている車は、ストップ&ゴーを繰り返しています。そのため、料金所付近の騒音や排気ガスが問題になっていました。

ETCを設置することによって、それらが軽減され周辺環境の改善に貢献します。

アイドリングする車も少なくなり、排気ガスが軽減され 地球温暖化の抑止にも役立っています。従来の料金所の通過の際には、通行券の受け取りや支払いのために、料金所のブースにクルマを寄せる必要がありました。

しかし、ETCを設置すればその必要がなくなります。左ハンドル車にとっては、左ハンドル対応レーンを探す必要がなくなりますし、対応レーンのない料金所では、大きく腕をのばして支払うといった不便さがなくなります。また、ETCを設置すると色々な割引制度が利用できることがあります。「特定区間割引」や「時間帯割引」など、ETC車専用の割引制度を上手に利用して欲しいと思います。

ETC車載器

ETCを設置して利用するためには、ETCカードを車載器に挿入する必要があります。

ETCカードと車載器がセットになって、ETCを利用して料金所をスムーズに通過することができるようになります。ここでは、そのETC車載器について説明します。

ETC車載器は、車両情報を料金所のアンテナと無線通信する機能を受け持ち、適正な通行料金を支払うことができるようにしています。支払い(精算)機能は備えていません。必ずETCカードの挿入をしてください。

ETC車載器はどこで購入することができるのでしょうか。自動車メーカー各社のほか、自動車部品メーカーやカー用品メーカーや家電メーカー各社などで買うことができます。ETC車載器には、2ピースタイプ・3ピースタイプ・ビルトインタイプの3つのタイプがあります。

2ピースタイプは、ETC情報の処理機能部およびETCカード挿入部などの本体とアンテナを1筐体のなかに収めたタイプです。ダッシュボード上の無線通信の支障とならない場所に取り付けることになります。3ピースタイプは、本体からアンテナを分離したタイプです。

ダッシュボード上には小型のアンテナだけを取り付け、本体は車内のどこへでも自由に設置することが可能です。ビルトインタイプは、クルマのインテリアとデザインを一体化したタイプです。アンテナがルームミラーに組み込まれているものや、本体をセンターパネルに設置するものなどのタイプがあり、ビルトインタイプにも2ピースタイプと3ピースタイプがあります。

ETCの利用法

ETCを設置しようと考えている人も多いでしょう。

とはいえ、どのように利用したら良いのでしょうか。ETCの設置にはETCカードとETC車載器が必要ですが、カードと車載器の組合せは自由です。ゴールドカードなどでもETCカードがつけられるものもあります。

ETC は、通信と料金の収受に係わる規格が統一されているので、車載器のメーカーとカードの発行会社の組合せがどのようであっても問題なく利用できます。

自分の所有カードを知人などから借用したクルマの車載器に挿入して使用することもできますよ。また、1枚のカードを複数の車両(車載器)で使用することもできます。車載器の取り付けられたレンタカーに、自分のカードが挿入して使うこともできます。通行料金はカード名義人に請求されるので注意してください。ただし、入口と出口では必ず同じカードを使用することを間違えないようにしてください。ETCの通行レーンには、ETC専用レーンとETC/一般 共用レーンの2種類があります。ETC専用レーンは、ETCだけの専用レーンなのでスムーズに通過することができます。

一方、ETC/一般 共用レーンには、キャッシュ支払い等の一般車も進入することになります。こちらのレーンを通過する際には、先行車が一旦停車する一般車かどうかに注意する必要があります。

時間帯によって、ETC専用 (ETC専用)とETC/一般(ETC/一般)の表示が変ることもあるので、料金所を通過する際には注意してください。料金所エリアに進入する手前に、ETCレーンの位置を示す案内看板を設置されているので、確認しておくといいでしょう。

ETCって?

ETCを設置する車が増えています。ETCとは、Electronic Toll Collection Systemの略で、有料道路の料金所付近の渋滞を解消するために生まれました。

料金の支払いのために一時停車するために渋滞が起こっていましたが、ETCのおかげでスムーズに車が料金所を通過することが可能になったのです。

実際、ETCを設置した車が増加するのに従って、渋滞発生回数や渋滞箇所が大幅に減少したと報告されています。ところで、ETCはどのような仕組みになっているのでしょうか?車に設置した車載器(ETC器)と料金所のアンテナが咽んで交信し、通行料金はクレジットカードの機能を利用した後払いでの支払いになります。そして、車は多少減速(通過時の速度は約20km/h以下)して通過するとはいえ、料金所をスムーズに通過することができるのです。

ETCは全国で統一したシステムであり、日本のどこの有料道路にも対応しています。ETCを設置する効果は、渋滞の軽減だけではありません。

有料道路の入口や出口でストップ&ゴーを繰りかす必要がなくなるので、クルマの燃費を向上させることができ、料金所周辺の騒音や排気ガスを減らします。排気ガス(CO2)の軽減は地球温暖化の抑止の効果もあります。

ETCは、社会や地球にさまざまに貢献するシステムなのです。